快適な住み心地を実現する断熱リフォームのポイント|ブログ|日進市のリノベーション&全面リフォームは新築ヨミガエル|愛知県の中古住宅リノベ会社

一級建築士事務所

0120-716-656

受付時間. 10:00-18:00 年中無休(年末年始除く)

スタッフブログ新築ヨミガエルのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

2023.05.23

快適な住み心地を実現する断熱リフォームのポイント

愛知県お役立ちコラム断熱リノベーション

快適な住み心地を実現するには、断熱が欠かせません。
断熱リフォームで住宅の断熱性能が向上することで、健康で快適に過ごせるだけでなく、冬場の暖房費の削減や夏場の冷房費の節約が可能となります。
今回は、断熱リフォームのポイントについてご紹介します。

豊田市M様邸のリノベーション施工中天井

 

まず、断熱性能を評価するためにはUA値という指標を知る必要があります。UA値(外皮平均熱貫流率)は、熱の出入りを表す数値で、低いほど断熱性能が高いことを示します。
地域によって適切なUA値は異なるため、地域の気候条件に合わせて断熱材の選定や施工方法を検討する必要があります。
新築ヨミガエルの施工エリア(愛知県)では0.6以下だと断熱性能が十分高いと言えます。

夏場に涼しく、冬暖かく過ごすためには、適切な断熱材の選定が重要です。
中でも吹付ウレタンフォームは優れた断熱性能を持つことで知られています。

吹付ウレタンフォームは、建物の壁や天井、床などに吹き付けられることで隙間なく密着し、断熱性能を高めます。
この断熱材を使うことで、夏場の熱を外に逃がさず、室内の涼しさを保つことができます。

 

窓

また、窓も忘れてはいけません。
窓は熱の出入りが大きい箇所であり、適切な断熱対策が必要です。
断熱性能の高い窓を選ぶことで、冬場には室内の暖かさを逃がさず、夏場には外部の熱を遮断する効果があります。
ペアガラスやLow-Eガラスなどの断熱性能の高い窓や、内窓の設置を検討しましょう。

 

断熱性能を向上させるためには、UA値を下げることや、適切な断熱材の選定が重要です。
また、窓の断熱性能も忘れずに改善することが大切です。
快適な室内環境を実現するために、断熱リフォームを積極的に取り入れましょう。

愛知県で断熱リフォームを検討されている方は、新築ヨミガエルにお気軽にご相談ください。

このブログを書いた人

STAFF:Asuka Hirasawa

自分のマンションリノベーション経験、子育て経験を活かしながら、企画・広報としてお客様に会社を知っていただくきっかけづくりができればうれしいです。

出身地:北海道
趣味:写真、多肉植物、うつわ
好きな食べ物:チーズ、ねぎ、おさけ

補助金リノベ相談会【日進ショールーム】事前予約特典amazonギフトカード最大5000円分

補助金リノベ相談会【日進ショールーム】事前予約特典amazonギフトカード最大5000円分

詳細を見る