基礎にひび割れ⁈柱がボロボロ⁈築45年以上の古い一戸建てでも本当にリノベーションできるの?|ブログ|日進市のリノベーション&全面リフォームは新築ヨミガエル|愛知県の中古住宅リノベ会社

0120-716-656

受付時間. 10:00-18:00 年中無休(年末年始除く)

スタッフブログ新築ヨミガエルのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

2022.10.27

基礎にひび割れ⁈柱がボロボロ⁈築45年以上の古い一戸建てでも本当にリノベーションできるの?

愛知県お役立ちコラム耐震リノベーション現場記録

先日、解体工事が終わったフルリノベーション物件にお邪魔してきました。

古い家の柱

この物件のお施主様は、築45年になるお家の基礎や柱といった構造が「本当に再利用できるのか」、「耐震性能は大丈夫か」を心配されておられました。

 

基礎のひび割れクラック

実際には住宅を下から支える基礎の部分に、このようなヒビ(クラック)が入っていました。

 

基礎の補強工事

ヒビが起きる原因としては、経年劣化(骨組みの鉄筋が腐食・膨張による現象)や乾燥収縮、不同沈下(建物の重みによって地盤や建物が不ぞろいに沈む現象)、地震などがあげられます。
放置すると地盤沈下の可能性や耐震性への影響が考えられます。
そのため基礎部分をしっかりと補強・補修することにより、また何十年も住むことのできる基礎部分にします。

 

また、基礎部分だけではなく柱や梁の部分にも問題がありました。

ボロボロになった古い柱

この写真の柱、すごくボロボロですよね。
これは間取りも関係しているのですが、もともとトイレがあった部屋の柱の為、家の下の土から湿気や水分を吸収してしまい、腐敗が進行してしまっています。
またこの湿気が多い環境や腐敗した柱は白蟻に好都合のため、最悪の場合は家全体の柱や梁を白蟻に食い荒らされてしまいます。

 

そのため、このように耐震が著しく低下した柱は、新しい木材に交換することで耐震性を担保します。

耐震補強リフォームで改修した構造部分

これからは、今の構造では現在の耐震基準に満たない為、間取りや既存の柱の強度に合わせて新しい材を追加していきます。
それらも随時、ブログにて更新していきますので、お楽しみに。

 

STAFF:渡邉

渡邉

建替・リノベーション比較相談会 in名古屋【日進ショールーム】事前予約特典ユニクロギフトカード最大10000円分

建替・リノベーション比較相談会 in名古屋【日進ショールーム】事前予約特典ユニクロギフトカード最大10000円分

詳細を見る